新年のフレンドシップ始めと鰊の酢漬け


f:id:unibaba721:20190118195457j:image

昨年末は所用が重なり11月も12月もフレンドシップに出席出来ませんでしたので

久しぶりのフレンドシップの新年会に出席しました。

去年と同じく懐石料理のお店で

板さんの心尽くしを楽しませて頂きました。

f:id:unibaba721:20190118195547j:image

お店に可愛いイノシシの木目込み?が

飾ってありました。

 

 

f:id:unibaba721:20190118195936j:image

羽子板の上に前菜が運ばれて来ました。

 

 

f:id:unibaba721:20190118200510j:image

話が弾んで何を頂いたか忘れてしまいました。

食レポには不向きな婆さんです。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190118201518j:image

 鯛が粟をまぶして揚げてあったような?

そして上品なお味の茶碗蒸しでした。

 

 

f:id:unibaba721:20190118201608j:image

 海老と鯛の押しずしと

薄味のおうどん

 

 

f:id:unibaba721:20190118200647j:image

f:id:unibaba721:20190118200711j:image

まだ二か月なのにしっかりしたChristinaさんの

赤ちゃん、可愛い過ぎ😍ます。ご機嫌でした。

今日はRachelさんのお別れ会も兼ねて

居ますが、いつになっても別れは辛いものです。

新しい出会いや別れがありましたが

何はともあれ皆さんに喜んでいただき

楽しい雰囲気の中、帰路に着きました。

 

f:id:unibaba721:20190118201719j:image

先日新鮮な生鰊を見つけました。

三枚におろしてピグリングスパイスを入れて

鰊の酢漬けを作りました。頂くのが楽しみ! 

 

 

f:id:unibaba721:20190118201740j:image

 新鮮な白子と子持ち鰊の子を

甘辛く煮て頂きました。

お酒のおつまみにピッタリと爺さんが言っておりました。

 

f:id:unibaba721:20190118201758j:image

 

 

f:id:unibaba721:20190118201957j:image

 生わかめとバイ貝もありました。

生わかめはシラスと卵と一緒にごま油で炒めて美味しくいただきました。

バイ貝はガーリックバターで炒めても、お醤油と味醂とお酒で

お煮つけにしても本当に美味しいです。

 

f:id:unibaba721:20190118202120j:image

 夕方サリーちゃんが立ち寄ってくれました。

ママ、ママと凄くママっ子になって可成りの甘えん坊です。

 

 

f:id:unibaba721:20190118202201j:image

 先代のサリーちゃんがいなくなって、表情が暗かったサリーちゃんママ

ですが、とても明るく楽しい表情になって本当に安心しました。

ワンちゃんの癒し効果は絶大です!本当に良かった。

 

 

f:id:unibaba721:20190118204457j:plain

私もまたウニを思い出しました。お散歩を促しているのですが

びくともしません。もう~行くならママ一人で行って~

私は行きませんよってとこです。 

 

 

 

 


にほんブログ村

江戸前のコノシロとそして広島から牡蠣が!

f:id:unibaba721:20190112232251j:image

暮れにいつものお魚屋さんでコノシロを

見つけました。江戸前の光り物で人気の

お魚です。人気と言えばちょっと違うと

思う方もいらっしゃると思います。我が家の

爺さんなどはあまり好きではない派といいますか、どちらかと言えば嫌いなお魚です。

f:id:unibaba721:20190112232958j:image

新鮮なコノシロを綺麗に三枚におろして

貰いそれを酢漬けにしてみました。

此れが何と美味しいのです。身が程よく閉まってお酢の味も丁度良く、あまり好きではない

爺さんが美味しいと食べていました。

去年はいつも新鮮で美味しいお魚を提供して

くれていたこのお魚さんが辞めてしまいました。

お話を聞いたときは悲しくとても残念でした。

おまけにもう一つお気に入りのお寿司屋さんも

無くなってしまい、事あるごとに楽しみに

出前を取ったり、お店に伺ったりしていましたのに本当にがっかりです。回転寿司が出現?してからというもの、昔からのお寿司屋さんが

減ったような気がします。

暖簾をくぐると「へいっらっしゃい!」と

威勢良く声がかかり、付かず離れずの程よい接客でありきたりな日常の話をしながら

気の利いた雰囲気の中で美味しいお寿司を

頂く幸せ。お寿司屋さんは敷居が高いと言う話もありますが高級店は確かにそうでしょうが

町で庶民的で良心的な値段で食べさせてくれる

お寿司屋さんもあります。お寿司屋さんも

ご多分に漏れず高齢化、後継者の問題、

回転寿司の普及?と難題があったのだろうなと

感じました。

f:id:unibaba721:20190113161949j:image

先日爺さんの知り合いで広島の方から

牡蠣を送って頂きました。

今年の牡蠣は出来が良いらしく、岩牡蠣など

ビックリするぐらいの大きさです。

早速生でレモン🍋を絞ってかけて

頂きました。馥郁とした海の香りがして

本当に美味しく頂きました。

f:id:unibaba721:20190113162921j:image

久しぶりにスペインオムレツとアヒージョ、

パスタを頂きました。

食べられると言う事は生きていると言う事で

今年も1日1日を大切に生きていきたいと

思います。

f:id:unibaba721:20190113163501j:image

今日の森です。冬枯れて春まだ遠からじ

といった所でしょうか?

f:id:unibaba721:20190113163711j:image

 

f:id:unibaba721:20190113164727j:plain

のんびり犬のうにでした。

この時は確か眠くて船を漕いで居た様な?

 


にほんブログ村

フェルメール展へ、そしてたいめいけんのオムライスとパープル人参の粗餐

f:id:unibaba721:20190108163444j:image

去年からずっといつ行こうかと思いながら

中々足が重かった、上野の森美術館

開催中のフェルメール展に行ってきました。

空いているのではないかと

月曜日を狙って出掛けましたが

13:00からの部には12::30頃に着けば

充分と、都合の良い考えで行きましたら既に長い列が!

まあそれでも時間で区切るやり方

なのでそんなに混雑せずに見る事が出来ました。

一緒に行った姪が背景をCGで描いたりする

いわばクリエイティブな仕事をしていますので

特に美術、絵画に詳しく教えてくれます。

私はただ好きと言うだけで、フェルメール

青がどうしても見たかったと言う姪とは違い、

17世紀の時代のオランダの人々の生活を絵を通して見られる事に興味が湧きました。確かにバロックの時代は絵は王侯貴族や教会の為に描かれたものであったそうです。

片やフェルメールは市民生活を描いた画家であり、光の芸術とも言われているように

その構図や光の当たり方の描き方が秀逸なんだと

今回の9点の絵を鑑賞して感じました。同じく展示された同時代の画家の絵も

素晴らしいものでしたが9点のフエルメールの絵は、取り訳感銘を受けました。

いつかオランダのデルフトの街を歩き

フェルメールを感じて見たいと思ってしまいました。

それと今回はフェルメールが金より高価だったと言うラピスラズリ

ふんだんに使ったあの青のウルトラマリンブルーが

今は合成ウルトラマリンで有ることや

絵の具にはカドミウムや水銀、コバルトなど

重金属が含まれるため発癌性もあるとの事を思い出し

ました。折角の素晴らしい絵を見たあと

現代の絵の具は何で出来ているかなど不粋ではありますが?

あの藤田嗣治も絵の具は工夫していたと言いますし、

今でも画家の方達の中では絵の具を自らが作って描かれている

らしいと聞いた事があります。ちょっとした絵の具考でした。

 

f:id:unibaba721:20190108163244j:image

今回図録は買わず上の美術雑誌を購入しました。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190108191912j:image

手紙を書く夫人と召使いです。

額装が気に入って買い求めました。

フェルメールの絵はその中に寓話や暗示が示されていて

観る者の想像力を掻き立てる気がします。

若くして逝った彼の残した絵は少ないのですが

人を惹きつける素晴らしい絵は、数々の盗難事件にもあっています。

f:id:unibaba721:20190108193223j:image

上野の森美術館横で。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190108193332j:image

月曜日は上野の森美術館以外は

クローズしていましたので

駅構内にあるオムライスで有名な

日本橋たいめいけんに行って見ました。

3時過ぎのお昼だったのでお腹が空きすぎて

あっと言う間に頂いてしまい

写真を撮るのを忘れていました。

それでたいめいけんさんのホームページから

上の写真をお借りしました。

久しぶりの懐かしい洋食屋さんのランチを

頂きました。

f:id:unibaba721:20190108194222j:image

絵画鑑賞の後にどうかと思いますが

暮れにパープルキャロットなる人参を

産直のお野菜コーナーで見つけました。

色がとっても綺麗で甘くてアントシアニン

を多く含んでとっても健康的です。

ピクルスにしようと思いましたが

とりあえず味見に簡単料理、オリーブオイルで炒めて

きんぴら風で頂ました。

 

f:id:unibaba721:20190108195314j:image
f:id:unibaba721:20190108195312j:image

粗餐ですが健康には良いと思います。

 

 

 


にほんブログ村

新年に思うこと....やっぱり美味しいものは?

明けましておめでとうとございます

昨年中は婆さんの拙い繰り言blogを訪問して

下さったり、コメントを頂ました事、

大変有難く感謝しております。

本年も皆様どうぞ宜しくお願い致します。

さて暮れからお正月に掛けてぐうたら生活を

送っておりました。昨年の反省をしてみますと切りがなく 年の初めに今年はこうあるべきだとか、こうしたいと考えて見ましたが

止めました。矢張り私は行き当たりバッタリの

生活があっているようです。計画的とは無縁の

人生。そしてやっぱり今年も安くて美味しい

食べものの獲得を楽しんで行こうと

相変わらず短絡的卑しい系婆さんの生活の

維持?と言う結論に達しました。

f:id:unibaba721:20190103084656j:image

島根の伊藤白石堂から頂いたお屠蘇。

矢張り漢方のせいか御節と一緒にお屠蘇を

頂くと胃腸の調子を崩さず助かります。

若い頃はお屠蘇の効果などがあるとは

感じる事も無かったのですが。

f:id:unibaba721:20190103085621j:image

今年は手作りはやめました。

ANAのマイルで手頃な御節を購入しましたが

可愛い容器の小振りな三段重です。

自分で作るよりもバラエティーに富んでいて

爺婆にはピッタリ。

f:id:unibaba721:20190103090027j:image

姪達が来てくれたので少し追加に

簡単御節を作りました。

f:id:unibaba721:20190103091158j:image

今年の干支の猪のおもがしで

お抹茶を頂きました。

 

f:id:unibaba721:20190103091606j:image

暮れにお蜜柑やりんごを沢山頂いて

どうしたものかと思案していましたが

はたと思い付きポーランド

リンゴのケーキ、

シャルロトカを作ってみました。

f:id:unibaba721:20190103091511j:image
f:id:unibaba721:20190103092109j:image

形はイマイチでしたが中々美味しく

出来ました。姪達も喜んでくれて一安心。

 

 

f:id:unibaba721:20190103092358j:image

もう一つクグロフ型でいつものリンゴの

ケーキを作りました。何しろ沢山のリンゴを

どう片付けるか?大変です。

f:id:unibaba721:20190103092836j:image

クリスマスもお正月も庭にあるもので

アレンジして見ました。決して豪華とは無縁

ですが無駄遣いしなかった感に満足感を

感じています。

f:id:unibaba721:20190103093203j:image

暮れに鎌倉の友人から頂いたシクラメン

有難い事です。今年の色はまた素敵!

 

f:id:unibaba721:20190103093353j:image

上のシクラメンの友人から頂いた今年で

咲き続けて5年目突入のシクラメンです。

もうこうなると何か命名でもして、

朝夕会話でもしてやらなくてはと

思い始めました.....

f:id:unibaba721:20190103094034j:image

5日でウニが逝って一年になります。

時々思い出しては懐かしく

可愛い仕草が忘れられません。

楽しい思い出をいっぱい私たちにくれました。

 

 

f:id:unibaba721:20190103100348j:image

今日の森です。

快晴で清々しい新年です。

 

 

 

 

 


にほんブログ村

ポーランドクラクフ,カジミェシュのエマイユの鍋のお店

f:id:unibaba721:20181225225328j:image

クラクフからカジミェシュに

お食事に行った際に可愛いホーローの

お店があると言う事で行って見ました。

丁度店内に赤札シールが貼ってある

見切り品?ですが可愛いお鍋がいっぱいあってその上安いのなんのって、

婆さんの分際で狂ってしまいました。

先ず上の写真の真っ白ではなくクリームホワイトのお鍋を見つけて

確か蓋が900円くらいだったと、そしてお鍋が1000円くらいだったかと思います。

申し訳無いくらいやすい。

 

 

f:id:unibaba721:20181225230352j:image

emaila OLKUSZ 1907    Made in Poland 

とお鍋の底に書いてあります。

1907年からオルクシュで作られているようですからなんと

明治時代から続いている歴史ある琺瑯の会社なのです。

今年で何と111年経っているのです。

 

 

f:id:unibaba721:20181225230716j:image

可愛いホーローのバットも買いました。

取っ手が付いているところが気に入りました。

たしか800円くらいだったと思います。

ホーロー製品好きにはたまりません。

 

 

f:id:unibaba721:20181225230841j:image

これはドイツ製ですが軽くて熱伝導が良く

あっという間に煮炊きできてしまうのですが

これは買ったのではなくて、電磁調理器対応と表示があるにもかかわらず

対応できなくて不良品だったようで使っていない

と娘が言いますのでそれならガス対応の我が家で使うからと貰って来ました。

蓋はありませんでしたがクリームホワイトのお鍋の蓋が

ピッタリでそれを使っています。少々色が違っていても

妙にあっている気がしなくもありません。

そういえば娘が使っている掃除機はドイツ製ですが何とコスパが悪い。

一昔前から日本製品と同じくドイツのものはしっかりした造りと定評があったのでは?

この掃除機の使い勝手の悪さと言ったらびっくりします。そんなに安い品でもないのに

手元のホースにON,OFFがついていないので切る時は一々腰をかがめて

本体に付いているスウイッチを切らないといけません。

ホースは軽い強化プラスチックと思いきやスチールで金属製、あたると痛いし

何だか手持ちも良くありません。つくづく日本製品の良く考えられている事を

有難く思いました。そして技術者の方々を大事にしてほしいと思いました。

お鍋の話に戻りますがこの歴史のあるホーローの会社は、調べてみますと

映画になったあのシンドラーのリストの撮影にも使われたらしいのです。

今でも手作業で作っていると日本でエマリアオルクシュ琺瑯シリーズとして扱う

鎌倉のお店の紹介ページにも書いてありました。

f:id:unibaba721:20181225233011p:image

ディスプレイが可愛い店内です。

 

f:id:unibaba721:20181226105607j:image

何しろ50%引き何て結構あります。

ポーランド製の素敵なガラス製品もお手頃価格で

沢山ありました。

 

f:id:unibaba721:20181225233401p:image

所狭しと積み上げられた可愛いカップ

お鍋などのホーロー製品、全部買いたいくらいでした。

 

f:id:unibaba721:20181225234024p:image

連れて行って貰ったカジミェシュの

家庭的なフレンチレストラン。

 

f:id:unibaba721:20181225234148p:image

中々のお味でしたがホーロー鍋フェチの

私はその事で頭がいっぱいで

実はお味はあまり記憶にないのです。

大丈夫か婆さんと言った所です。

 

 

f:id:unibaba721:20181225234453p:image

店内は小さい乍らも素敵なお店でした。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181225234615p:image

認知症の初期かもしれません。

頂いたお料理を忘れてしまいました。

 

 

f:id:unibaba721:20181225235358j:image

今年はひいらぎの赤い実が野鳥に食べられたらしく殆ど付いて居ませんでしたので

そのひいらぎと庭の榛松、ミニひいらぎで

簡単クリスマスアレンジをしてみました。

白い陶器の鳩はポーランドのホーローの

お店で一個160円くらいで売っていまして

さいごの5個を買って来ました。凄く可愛くて

オーナメントとして気に入っています。

f:id:unibaba721:20181226000211j:image

f:id:unibaba721:20181226000843j:image

コンソーニのパネトーネ?

とても美味しかったのです。

クラクフのコンソーニは大好きなお菓子屋さんです。

昨日のイブはたまに行くイタリアンの

お店で少し前に頼んでいたローストビーフ

ブイヤベース、後はサラダとなんと今年は手抜きです。

少し前にクリスマス用に

作ったフルーツケーキは一つは差し上げて

もう一つはクリスマス前に何と食べてしまいました。

しょうがない婆さんです。

今年はやる気が消失状態で買ってきたお惣菜が

メインになりました。

f:id:unibaba721:20181226000937j:image

クリスマスの時期に

真っ赤に紅葉した紅葉

 

 

f:id:unibaba721:20181226001035j:image

森の紅葉🍁も黄金色に染まって陽の光が当たってとてもきれいですす。

 

 

 


にほんブログ村

クラクフ織物会館地下博物館と3つの教会の巡礼?無原罪の聖マリアの日

f:id:unibaba721:20181219212339p:image

 

クラクフの旧市街のヨーロッパ一広いと

言われている中央広場に織物会館があります。

何しろ大きい建物でその地下にこれ又巨大な

遺跡が発掘された跡や博物館があるとは

通り一遍広場を見物しているだけでは

とても信じられない場所です。

 

f:id:unibaba721:20181220185317p:image

 床がガラス張りで不思議な感覚でした。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181219213832j:image

 

 

f:id:unibaba721:20181219213845j:image 

上の写真はポーランド政府観光庁の紹介写真からお借りしました。

 

 

ここは入館するのに予約が必要ですし、時間で人数制限があり

混んでいてゆっくり見れなかったという事はまずありません。

ポーランドの歴史を年代別に3Dやコンピューター化した体験型博物館で、

歴史的建造物の地下にあるとはとても信じられない様なものです。

これが中々見応えがあります。展示物其々が興味深いものでしたが

私が特に衝撃を受けたのは地中深くに眠っていたお墓です。

小さな子供の其の儘の亡骸のお骨が綺麗な形の

ままガラスばりの床の下にあって、その上を

通るのに躊躇しました。中世の時代は小さな子が健康に生きられるのは

難しい時代だったのでしょうね。死者に対する考え方というか、

歴史の1つと見るのか何とも言えない気持ちでした。

 

 

f:id:unibaba721:20181220090809j:image

その後ポーランドの伝統的なお料理を

食べさせてくれるGruska Novaという

レストランに行ってみました。

ここは何世紀だったか忘れましたがポーランドで女性が初めてカフェに入る事が出来るようになった最初の歴史的なレストランだとか。

兎に角、インテリアもお店の雰囲気もまさに

アンティーク!見飽きません。

 

 

f:id:unibaba721:20181220091440j:image

タルタルです。やっぱりタタールから来てるのですね。

モンゴル帝国遊牧民の食文化がヨーロッパにまで及んだことを

鑑みるとおそるべしタタールと思いました。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220093719j:image

ポーランド風パンケーキとグラーシュ?だったかビーフの美味しい煮込み料理と一緒に

頂きましたがとても美味しかった。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220094314p:image

伝統的なチキンカツもとっても美味しい。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220094424j:image

窓辺から旧市街の通りが見えます。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220094529j:image

デザートを頂くのにカフェの席に

移動しました。窓から織物会館の広場が見渡せます。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220094103p:image

ポーランドのリンゴのケーキ、シャルロトカです。

ポーランドは本当にケーキが美味しいですし、

特にリンゴのケーキが美味しいので有名です。

 

 

f:id:unibaba721:20181220094229p:image

f:id:unibaba721:20181220094902p:image

温かいベリーたっぷりのソースの上に

アイスクリームが乗っています。

食べた事がないので珍しかったのですが 美味しくいただきました。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095145p:image

温かい気持ちになる可愛いデコレーションの

店内です。クリスマスの飾りつけもシンプルで 

流石ヨーロッパと思ってしまいました。

壁にはこのお店の名前の由来の洋ナシのオブジェが掛かっています。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095300p:image

 階段も建物の作りも歴史を感じます。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095437p:image

お店の入り口にあったディスプレイ。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095602p:image

文学サロン クラクフ図書館とあります。(多分?)

何か文学講演か何かのお知らせのようです。

此処のレストランは昔は文学を語り合う作家たちが集まるサロンと

音楽を語り合う音楽家たちのサロンがあって多くの有名な

芸術家たちが喧々囂々の芸術論や音楽論を戦わせていたらしいのです。

矢張りクラクフは古い歴史の都ですね。

そんな場所で素敵なお茶が出来て幸せでした。

 最近英語と一緒にポーランド語もボチボチ勉強し始めました。

何しろスラブの言語はアルファベットから学ばない事にはどうしようもありません。

今回もクラクフのママと話をするのもママは英語を話さないので会話が成り立たないのです。上のポーランド語のお知らせもさらっと読めるようになりたいものです。

しんどい事ではありますが老いた脳の活性化と思って頑張ります。

ポーランド語って会話を聞いているとシュシュと言った感じで可愛い言葉なのです。

日本語の母音はあいうえおの5個ですがポーランド語の母音は8個あります。(正確には9個)しかしスペリングが3通りもある軟子音だとか何しろ男性名詞、女性名詞、

中性名詞迄ありますから婆さんの頭では混乱を極めます。

さてこの先何年経てばまともに話せるようになるかと思うと棺桶に片足どころか

体の半分は入っている状態ですから夢を実現する迄一体どの位時間が掛るか

気が遠くなりそうです。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095642j:image

 次の日クラクフのママから電話があって今日は一年で一日の内

一時間だけ神に祷りをささげると願いをかなえて下さる

無原罪の聖マリアの日という事で是非行くと良いと勧められましたので 

行って見ることにしました。

12時から13時の一時間のうち、回れる教会を周って見ようという事になり

それで11時40分過ぎから出発してまず聖フランチェスカ

に行き次はマリアツキ、最後に聖十字架教会に行きました。

 

 

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220095706j:image

 フランチェスカンの入り口。

 

 

f:id:unibaba721:20181220095725j:image

 フランチェスカンにある有名なステンドグラスです。19世紀にこの教会を

修復するときに当時オーストリアに併合されてしまっていたポーランド出身の

Stanislaw Wyspianskiという画家のステンドグラスです。

ミケランジェロ最後の審判の怒れる神をモチーフにしたらしいのですが

この絵の手法が当時センセーショナルだったらしく批判も浴びたらしいのですが

後に芸術的にも素晴らしいと多くの人の共感を呼んだとの事です。

丁度アールヌーボーの時代でその影響も受けているような気がします。

何か圧倒的な宗教的力を感じて胸打たれました。

 


f:id:unibaba721:20181220095750j:image

聖十字架教会です。

 ミサが終了後、神父様が子供たちに讃美歌を教えておられました。

聞き覚えのあるメロディでふと所属教会の亡くなった神父様の事を

思い出しました。そして今年一年のいろんな出来事を思い

大事なお祈りをさせて頂きながら神に感謝しました。

色んな思いがこみ上げてきて不覚にも涙してしまいました。

 

 

f:id:unibaba721:20181220095849p:image

帰り道お婿さんが通った幼稚園がありました。

今はオーストリア領事館になって居るそうです。

灰緑の素敵な目をしたキュートなはにかみ屋の男の子が

走り回って遊んでいる風景が目に浮かびました。

 

 

 

 

f:id:unibaba721:20181220144635j:image

 今年のクリスマスケーキ🎄です。ラム酒漬けフルーツをたっぷり入れました。

 

 

f:id:unibaba721:20181220145735j:image

 クラクフのクリスマスマーケットで買ってきた木の実とナッツの

ドライなリースです。可愛い栗の実が一つ取れてしまいましたが

今年は手抜きでこれに決定。

もうすぐクリスマスですがまだ今年は何も準備をしていません。

暮れもあっという間に過ぎ駆け足のように今年が終わってしまいます。

 

 

 

 

 

 


にほんブログ村

我が家のポーランド人シェフ?の美味なるロスウ、トマトとキュウリのスープとビーフのビール煮込み

ポーランド滞在中に娘の調子もあまり良くなかった事もあって

最近お料理を作る事が楽しくなったお婿さんが腕を振るってくれました。

何だか作る物どれもが美味しくて

私の出る幕は有りません。

結局私の作ったものは毎日の朝ご飯の

おみおつけと鮭の塩麹焼きにチャーハンそれにちらし寿司です。

f:id:unibaba721:20181215204605p:image

バターでお肉に焼き目をつけ

お野菜と一緒にオーブンに入れて調理するビーフのビール煮込みです。

何しろお料理に目覚めてしまった彼は忙しい仕事の中

レシピ片手に手早く作るのです。

この日もそそくさとキッチンに立ち作り始めました。

暫くすると 何とも美味しい匂いが辺り一面立ち込めて

思わずお腹が鳴ってしまうのです。

 

 

f:id:unibaba721:20181215204653p:image

 

ポーランドビールでビーフを柔らかく煮た

煮込み料理です。美味しいラグーソースでした。

f:id:unibaba721:20181215203638p:image

チキンをソテーしてブランデーでフランベしているところです。

ママに食べさせたいと作ってくれたのは良いのですが、このパフォーマンス‼

流石に”燃える〜 “と思いました。

 

 

f:id:unibaba721:20181215204146p:image

前後してしまいましたがフランベする前の鶏肉です。

こんなにガーリックを使うんだと思いましたが

ガーリックが少々苦手な私でも中々いけました。

 

 

f:id:unibaba721:20181215204831p:image

矢張り作って貰うお料理は特別美味しいです。

お肉の旨味が調味料とお野菜と合わさってバランスの良い味でした。

しかし量は凄いです。

 

 

f:id:unibaba721:20181215205044p:image

 私がポーランドのスープの中でも一番好きなロスウです。

本当に美味しくできていました。しかし手が掛かりそうです。

何しろブイヨンなどのスープの素は一切入れずチキンとお野菜を

じっくり時間をかけて作る、添加物一切なしのスープです。

日頃手抜きのキューブばかり使ってスープを作っている私は

反省しきりです。

 

 

f:id:unibaba721:20181215205122p:image

出来上がった特製?ロスウですが実に美味しい。

いつもは青みにハーブ類を散らすのですが娘が今食べられないので

今日のスープには入れてないのだそうです。

こっくりとした深い味です。

 

 

 


f:id:unibaba721:20181215205224p:image

 トマトときゅうりのスープ

トマトの酸味が程よい美味しいスープです。きゅうり臭さが無くて

きゅうりのスープってこんなに美味しかったのと思いました。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181215205314p:image

 朝一番にビエドロンカに行って美味しいクロワッサンを買ってきてくれます。

バターをたっぷりつけて ハムやチーズ、お野菜を挟んで頂きます。

オレンジジュースもポーランドのこのメーカー(名前を忘れました)のものは

濃厚でフレッシュフルーツな香りがして大好きです。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181215205422p:image

 帰国する日の朝早くに作ってくれたカナッペのような

チーズとスモークサーモンをパンに乗せたものですが美味しかった。

 

 

f:id:unibaba721:20181215210006p:image

 シェフズノート?です。

書き留めたレシピを見ながら手早くお料理を作ってくれます。

ママのご飯の炊き方を教えてと言いますので説明しますと

このノートに書き留めていました。

男子厨房に立つのポーランド版です。

そして流石に男子は手抜きをしないの見本です。

手抜き料理がいつもの事で如何に簡単に作るかを

毎日考えている私にとってはこれではこれから手抜き料理が

作りにくくなるではないかと危惧しております。

お料理の楽しさを知ったようですがさてこの先どうなりますやら。

 

※間違えがありました。ビール煮込みのビールはアイルランドのギネスの

スタウトにこだわって作っているのだそうです。

ポーランドのビールも美味しいのですが

ビール煮込みには合わなかったそうで、それからロスウはチキンとビーフを使っているとか。最初のロスウのスープを元にピクルスを足して作るのがきゅうりのスープで

トマトを足すのがトマトのスープらしいです。

因みにきゅうりとトマトのスープはサワークリームをお好みで入れているとか

何だか中々手の込むスープのようです。

 

 


にほんブログ村