いざ、鎌倉そして自家製タラコ作りとポーランド陶器

f:id:unibaba721:20181117084318j:plain

 

 

先日鎌倉の友人から美味しいお店があるから

来て!と呼び出しがかかり久しぶりに

出掛けて来ました。湘南の海は今日も

絶好のIt’s sunny!で穏やか。

江ノ電は相変わらず観光客で一杯ですが行楽気分満載です。

友人宅で暫くお喋りしてから目的のお店に

出掛けました。

 

f:id:unibaba721:20181117085215j:plain

 

長谷観音の近くの外は古いしもた屋風で

中はモダンに改装されたお店でした。

最近京都の町屋などもそうですが古い家屋を

中をモダンに改築してお店などにするのが流行っているのでしょうか。

落ち着いた空間でとっても素敵です。

f:id:unibaba721:20181117085822j:plain

 

お料理も特別に凝っていると言う訳では

有りませんがとてもよいお味でサービスも

頃合いが良く満足しました

 

f:id:unibaba721:20181117090507j:plain

 

ワインは赤のカベルネソービニヨン

これがまた良いお味です。美味しかったので

飲めもしないのにお変わりを頂いてしまいました。

f:id:unibaba721:20181117090634j:plain

 

器もアンティークで懐かしいような、ほっとするような感じで

口取りも良く何よりお米が美味しいのよと

彼女が言っておりました。

 

f:id:unibaba721:20181117090939j:plain

 

友人はここ鎌倉でお店もやっていまして

何かを売ると言うよりは趣味の延長のようなもの?だと言っています。

お客様はきてもこなくてもよいというような?

最近は時々大陸の方らしい人が勝手にお庭に入ってきて

NO~~!と言ったけどびっくりしたと言っていました。

あちらの傍若無人な観光客も困りますね。

さて、私も今日はチョーカーが気に入り

購入しました。大事にします。

f:id:unibaba721:20181117091421j:plain

 

バルコニーから鎌倉の海が見えるはず?

海が近いのですが見えません。けれど心地良い風が吹き

お天気も良くなんだか癒されます。

彼女は今,認知症のご主人を抱えて大変なのですがご主人が

デイサービスに出かけている間の週何回かが彼女の貴重な時間で

そこに至るまでの色々な葛藤がありはしたが

今やっと吹っ切れたと言っていました。いつも前向きで

明るい大事な友人です。

私もこの年になりますと,この先どうなるかはわかりませんが

人間最後まで前向きに、毎日を大切に

良い加減で生きて行きたいと思っています。

 

f:id:unibaba721:20181117095913j:plain

お婿さんがママ来ない?と言ってくれたのを

真に受けて今月末に又ポーランドへ行ってきます。

上の写真は、友人が大好きなポーランドの陶器ボレスワビエツです。

お土産に頼まれたのでこの図柄を買ってきます。

わすれないようにしないと。

 

 

f:id:unibaba721:20181117091639j:plain

 

先日秋鮭と新しい生タラコをいつもの

お魚屋さんで買って来ました。

生タラコが新しかったので塩タラコを

つくることにしました。

 

f:id:unibaba721:20181117092045j:plain

 

生タラコにお塩をして冷蔵庫に

8時間くらいおきます。

取り出してお水で洗い塩分をとり

また一日冷蔵庫に寝かせて出来上がり。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181117092321j:plain

 

今朝、朝ごはんに軽く焼いて頂きました。

自分で作った塩たらこは美味しいと

自己満足。

 

 

 


にほんブログ村

爺さんの叙勲顛末記

大変有り難い事に先日我が家の爺さんが叙勲され

畏れ多くも頂くことになりました。  

春や秋に叙勲される方々の

ニュースは聞いておりましたが

身内が頂くという事になりますと何だかピンと来ませんでした。

しかし長い間色んな苦労や出来事を乗り切って

頑張って来た爺さんを何だかんだ言っても

尊敬しておりますし(頑固ジジイですが)

先ずは2人、共白髪まで過ごしてこられたことにも感謝あるのみです。

今回の叙勲の発表を御覧になった色んな方々にお祝いの電報や

お電話を頂いて祝福していただき

派手なことや無駄が嫌いな爺さんも

流石に心なしか嬉しそうでした。

そしてそんな爺さんとは打って変わってこの世的な私は

スワッ!それでは宮中の豊明殿に上がって

有り難く、畏れ多くも今生天皇より叙勲を

頂くと言うこと?そして爺さんはモーニング

私は五つ紋の色留袖の礼装で?とワクワク

しておりましたら爺さん一言!

「行かないよ」と。え〜〜と私。

以前の勤務先から出席を

促されてもお断りしてしまいました。

ちょっぴり?楽しみにしておりました私めはがっかり。

爺さん曰く、頂く事は大変有り難い事だが

それは自分の気持ちの中だけで満足していると。それを大騒ぎする物でもないと。

ましては祝賀会などとんでもないと言うのです。

良く聞きますのは頂いた記念に菊の御紋の付いた記念品

などを祝賀会を開いたあとにお配りするなどなさるという事です。

ですが我が家の頂いた勲章と賞状は飾るでもなく

箪笥にしまったままだと思います。

堅物頑固ジジイですから当初の予定通りと言えばそうですが

私の友人からも、えー行かないの残念ねーと

言われると本当に残念な思いですが

爺さんは家族が喜んでくれればそれが一番と言っておりますので

それで良しとして納得しております。

爺さんは一人っ子で小さいうちから自立

していたと聞いています。私達以外家族も

居りませんので特に今回の受賞で

長女夫婦がとっても喜んでくれお祝いをしに

ポーランドから帰国すると言ってくれた時は

とんでもないと言ながらとっても嬉しそうでした。シュールでニヒル?な次女は

「叙勲?お父さん何かしたっけ?」あなたそりゃないでしょ!

受賞当日は爺さんと婆さん二人でささやかな夕餉を

したためました。あり合わせ(ご馳走を作ればよいものを)

黒キャベツとアンチョビのスパゲッティのみも ワインだけは

サンジュリアンのグランクリュークラッセで乾杯しました。

タンニンのバランスの良い深みのある味でした。

 

f:id:unibaba721:20181112124838j:plain

 コクのあるすっきりしたお味でした。

 

f:id:unibaba721:20181112130632p:plain

我家の宝として大事にしまっておこうと思います。 

 

 

 

f:id:unibaba721:20181112081929p:image

受賞のことは話すなと爺さんが

言っておりましたがI女史にはお話しました。

素敵なお花を届けて下さいました。

感謝しております。

とっても素敵な色で癒されました。

 

 

 

 

 

f:id:unibaba721:20181112072827p:imagef:id:unibaba721:20181112072852p:image

 

そんな爺さんが先日の叙勲騒ぎを尻目に

もうかれこれ17、8年間使っている

ガーデンチェアの椅子の下の台座の部分が

駄目になってしまい、DIYで丈夫そうなレッドシダー

に付替てくれました。

これで暫くは使えそうです。

 

f:id:unibaba721:20181112131617p:plain

咲き続けて4年目になるシクラメンです。

驚異的です!

f:id:unibaba721:20181112131638p:plain

今年の柊の実は付が悪く

多分野鳥に食べられてしまったのだと思います。

少しだけ残った実が楽しませてくれています。

 

 

f:id:unibaba721:20181112131656p:plain

万両の実は薄くピンク色になって居ます。

真っ赤になるころは冬真っ只中です。

 

f:id:unibaba721:20181112131718p:plain

紅葉も色ずいてきました。

 

 

f:id:unibaba721:20181112131732p:plain

枝垂れ紅葉も茶色から赤く染まって

この時期の季節の移ろいを感じます。

霜月となってもうすぐに師走が来ます。

一年はあっという間に過ぎていき、一日一日が貴重で

愛おしく感じるこの頃です。

 

 

 

 


にほんブログ村

ウニの盟友サリーちゃん家に新しいサリーちゃんが!

f:id:unibaba721:20181105124050j:image

 

先日頂いた柿のお裾分けを届けにサリーちゃんのお宅を訪問しましたら、

何と!可愛いトイプードルのティーカップという種類で

なんでもアプリコットと言うカラー

らしくて可愛いのなんのって。

私は元々大型犬がすきでしてどうも

小さいわんちゃんが苦手でしたが

こんなに可愛いとは思いませんでした。

ボーダーコリーのサリーちゃんを失くしてから

というものサリーちゃんのママが

軽い鬱のような感じになり何もする気が

起こらなくなってしまい、心配した

お嬢さんが余り手のかからない犬種で

というのでこの子に決まったそうです。

そして新しいわんちゃんの名前は!

“サリーちゃん”です?

サリーちゃんという名前は、フラットコーテッドの時もラブラドールのときもボーダーコリーのときも”サリーちゃん”

とってもユニークです。

サリーちゃんママも明るい表情で安心しました。

f:id:unibaba721:20181105132346j:image

紅葉🍁の木の下にしめじ風?のキノコ出現。

f:id:unibaba721:20181105132515j:image

ちょっと大きいサイズ

 

f:id:unibaba721:20181105132608j:image

此れは森で発見したキノコです。

f:id:unibaba721:20181105132659j:image

 

真っ白な小さなキノコ。

f:id:unibaba721:20181105132741j:image

かしの木に

蔦性の植物が絡まって素敵です。

葉の先が少し朱色に色づいて

秋の深まりを感じます。

 

f:id:unibaba721:20181105134003j:image

 

我が家に最初にいたゴールデンの

ロージーです。本当に利口で泳ぎの得意な子

でした。山梨の川に泳ぎに行った20年前の

写真です。可愛かった。

 

f:id:unibaba721:20181105134717j:image

 

うにも本当に可愛い子でしたが20年以上経った今も

このロージーの事は忘れられません。家族と一緒に嬉しいことも

悲しいことも共有してくれました。

今でも感謝しています。

 


にほんブログ村

森に日本ミツバチが帰って来た?&爺さんの雀蜂との攻防戦!

f:id:unibaba721:20181030131552j:image

f:id:unibaba721:20181030131611j:image

先日何時もの森の散策時、気になって仕方のなかった

ミツバチの巣🐝跡に行って見ますと

何とミツバチが帰って来ているではありませんか!嬉しくて暫く見ておりましたら

数匹の雀蜂がミツバチの巣の周囲を

何やら妖しげに、まるで得物を狙うかのように

飛んでいるではありませんか。

爺さん賺さず木に止まった雀蜂を枯れ枝で

叩き追い払いました。小さな日本ミツバチ

の守り隊員になっています。

しかし下手に雀蜂を威嚇すると襲ってきますので怖いのですが、

暫く観察していましたら

また雀蜂がしつこく飛んでいます。爺さんまたまた必死の形相で

スズメバチを追い払います。暫く攻防戦が続き

爺さん隊員は斯く戦えり。刺されたら大変だからと

止める私を尻目に、蜂の一刺しや二刺し何でもないとぬかします。

実際刺されなかったのが不思議です。

取り敢えずそんなこんなで森を一回りした後

ミツバチの巣を確認しましたら

雀蜂はいなくなっていました。

先ずは一安心。最も自然は弱肉強食です。

回生という自然の掟もあります。

人の手で変えてはいけない事もわかっていながら

此の位の事は許して頂きたいと思った次第です。

f:id:unibaba721:20181030125521j:image

八百屋さんで珍しい野菜をみつけました。

カーボロネロといいますから正にイタリア野菜ですね。

トスカーナ地方の不結球キャベツなんだそうです。ケールと同じ仲間で

ミネストローネにしたり、

ベーコンでソテーしたりパスタにもいけそうです。

f:id:unibaba721:20181030132616j:image

もう一つ冬季限定チヂミほうれん草が

出て来ました。旬のお野菜は季節の移ろいを

感じます。うさこさんに教えていただいて以来

お鍋や蒸し野菜にと我が家の定番になりつつあります。

f:id:unibaba721:20181030130034j:image

昨日また愛知の山里の爺さんの

友人から次郎柿が送ってきました。

本当に有難い事です。

早速お裾分け用に小分けにしました。

f:id:unibaba721:20181030130337j:image

f:id:unibaba721:20181030130458j:image

 

爺さんと私のお気に入りの

蕎麦屋さんに行ってきました。

何しろ安くてお蕎麦もとっても美味しい!

腰のある二八蕎麦です。

f:id:unibaba721:20181030130715j:image

お花が何時も素敵に生けてあります。

 

 

f:id:unibaba721:20181030130818j:image

 

f:id:unibaba721:20181030130839j:image

 

大きな臼がゆっくりと蕎麦の実を

挽いていて蕎麦の良い香りがプーンと

辺りに漂い食欲をそそります。

 

f:id:unibaba721:20181030131055j:image

蕎麦屋さんのメニュー。

リーズナブルで良心的且つ美味しいと来ています。

 

 


にほんブログ村

ヘルスチェック イン ザ ヘル

今日は朝から憂鬱でした。

病院大嫌い!病と聞いただけで

びびってしまうわたくしです。

医療に従事してその上ケアマネとして

働いていたものとは思えない代物です。

あるときはOpe室であるときは病棟で

患者さんと一緒に泣き笑いし

色んな病気の形態を見てきましたので

余計に怖がりなのかもしれません。

そんな私に今年も恐怖のヘルスチェックの

時期がやって来ました。

孫の大好きな”びじゅチューン”の

ヘルスチェックインザヘル状態になるとは!

クリニックは通い始めて10年近く

になり、先生はとても素敵な方で

爺さんも私も気に入っています。

ところが当日検査室から呼ばれた瞬間

嫌な予感!そうです。滅茶苦茶採血の

下手なナース。勘弁してよーと言う感じです。

技術をカバーするべく妙に和か、

先ず最初にチクっとひと刺、あれスミマセ〜ン

あーあ、しかし彼女怯むことなくもう一度

宜しいですかあーともうひと刺し、

あーあーアレ駄目ですねー。

もう一回お願いします。と言うので

私、「一寸待って下さい、私がルート探して見ます」 

 と言って「 有りましたよ」と私。

「正中に稍深めに刺してみて下さい」と、

ではもう一度・・・・やっぱり駄目ですねーっていい加減にしてよー。

そんなこんなで結局 別なかたに頼んで

やっと採れました。確か私達の仕事は

患者さんに苦痛を極力与えないようにと

習って来たはずでは。まあ仕方ないと

いえば仕方ない事ですが、帰りにいくつか貼った絆創膏をみて溜息がでました。

そして迎えたきょうの結果は?

高〜〜い数値のコレステロール

それにメタボのご指摘。だから

ヘルスチェックはいやなのです。先生も「食事指導はよくご存じなので

しませんが何とか頑張ってみて下さい」と。

立つ瀬がありません。我が家の爺さんは几帳面を絵にかいたような

模範患者?です。それに引き換え私は食べる事と糖分を制限すると

薬中かと思うくらいに?禁断症状が~

ああ、しかし何とかしなければ。この高い数値を改善するには

食事療法は必須です。老体に鞭打って頑張るしかありません。

頭の中で ♬~悔いております~悔いております♫ がぐるぐると

廻っております。

 

f:id:unibaba721:20181022184159j:image

今朝の散歩で見たホトトギスです。

薄いピンク色が綺麗です。

 

f:id:unibaba721:20181022184534j:image

台風のあとの処理に時間がかかり

通れなくなっていた日本ミツバチの巣

🐝が気になっていたのですが、

何ともぬけの殻。引っ越してしまったようです。前にねこぞうさんに教えて頂いた

日本ミツバチの生態を思い出し寂しくなって

しまいました。又何処かで元気に

巣作りに頑張っていると思います。

 

f:id:unibaba721:20181022185107j:image

ミツバチの巣の先に赤いきのこ🍄が、

ドクベニ茸?でしょうか?

鑑賞には可愛いです。

f:id:unibaba721:20181022185513j:image

苔好きの爺さんが好きな

何とかいう苔です。

苔も物凄く種類があるのですね。

 

f:id:unibaba721:20181022185634j:image

 

可愛い白い花が咲く野の花

名前がわかりません。

f:id:unibaba721:20181022185750j:image

森にも秋が訪れ、吹く風もヒンヤリと

そろそろ晩秋が近づいています。

 

 

 

 

 


にほんブログ村

婆さんヘリコプターに乗る🚁

f:id:unibaba721:20181018074452j:image

 

今月のフレンドシップはアメリカの方々の

お当番です。レイチェルさんのご主人様の

計らいで基地内のヘリコプターを

見学させて頂く事になりました。

最初にレイチェルさんのご主人様から少しお話がありました。

東日本大震災の時にこのヘリコプターで救援物資を運んだり

捜索、救難をしたとのことです。広い海上で遭難した小さな船を

見つけて救助したりしてくださったとか。この大きな鉄の塊のような

ヘリが本当に大変な災害の時に大活躍したのだと思うと

ちょっと愛おしくなってしまいました。所謂トモダチ作戦で活躍したのですね。

私達も思わず有難うございました,と皆でお礼を言いました。

,さて、私達の会は続く事50数年になりまして

戦後先代の方達が米軍が駐留している時に

ふとした事で知り合いお茶に呼ばれたのが

会の発端なのです。

それから休まず続いています。家庭画報にも

記事になった事があってそれを先代の方達から

拝見した事があります。

まあ小さな国際交流を続けて来たといいますか。

英語が堪能な方も居ますし、かたや

覚束ない私のようなものもいますが

あちらの方にも日本にいる数年間を

少しでも楽しかったと思って頂ければ

それ以上の事はないと思っています。

f:id:unibaba721:20181018130746p:image

格納庫は思ったより広く無かったように思います。それと、昔は基地内に入るのに

身分証、運転免許証だけでも良かったのですが

流石にこのご時世です。

入るときに2箇所でパスポートチェックを受け、

場合によっては入れないこともあるようです。

写真も機密の事もありましょうから許可を頂いたものを

アップしてみました。

f:id:unibaba721:20181018130809p:image

ヘルメットを装着させて頂きました。

頭が大きい私だからかもしれませんが

ぴたりと食い込むような感じで

外の音をシャットアウトしてしまいます。

f:id:unibaba721:20181018085520j:image

 

パパと、おなじ飛行服のベビー服を着た

今日もとっても良い子のケイラさんの

Good boy 。こんな可愛い😍赤ちゃん服が

あるのですね。可愛い過ぎる。

 

f:id:unibaba721:20181018090255j:plain

 操縦席に乗せて頂きました。

何しろヘリと言っても大きいのです。一人で搭乗するのは難しく

引っ張り上げてもらう方がほとんどなのですが毎日ウオーキング

にストレッチの成果があったか??I don't need you helpと言ってしまって自身で乗りました。

後で、そんなきつい言い方してと爺さんに言われてしまいました。

いい加減あやふや英語を駆使しております。

しかしクリスティーナさんのここではヘッドのご主人様の

カッコよい事!ヒューグラント似、軍人にしておくにはもったいない。

然しどうしてこんなにフレンドリーでカッコよい方ばかりか!

此方を見ればデンゼル、あちらを見ればトムクルーズも真っ青と言う感じでした。

婆さんがときめいてもしょうがありませんが…

まあ、よれよれの婆さんグループであちらの方には申し訳なかったように

思います。でも楽しかったあ~

 

f:id:unibaba721:20181018130833p:image

これから搭乗するパイロットと皆んなで

記念撮影をしていただきました。

f:id:unibaba721:20181018130857p:image

 

丁度ハロウィン🎃のコンテストをやって

いました。各部所のドアに競ってハロウィン仕様の飾り付けがされていて楽しく見せて頂きました。

f:id:unibaba721:20181018130922p:image

蜘蛛?だったかと。

 

f:id:unibaba721:20181018093741p:image

遠くに今から出発するヘリコプターを見る。

 

f:id:unibaba721:20181018130958p:image

 

 

 ポーランドから野生のラズベリーを収穫した写真が送られてきました。

日本ではもう野原や自然に木の実が生って居る場所

などは無くなってきましたがポーランドはまだこういった場所が

沢山あって羨ましい限りです。

一寸裏庭に行って茸や木の実を採ってくるなんて夢ですね。

因みに野生のクルミも美味しかったと言っていました。

 

 


にほんブログ村

森のとんびの声を聴きながら秋にエコールドパリの画家たちを想う。

f:id:unibaba721:20181014180514j:plain

 

 

藤田嗣治に没頭?しております。

先日絵を見に行ってからと言うもの

I ‘m in to Fuzita状態です。

画伯の生涯を紐解いて見たくなり

乳白色の技法がどうして生まれたのか

画伯は人生をどのように生きられたか?

家族は?など,今まで以上に

知りたいことだらけになってしまったからです。

f:id:unibaba721:20181014181305j:plain

 

藤田嗣治展で見た素晴らしい絵を

又じっくり見たくなり

DVDも買い求めて見ました。

193点もありますので中々見応えがあります。しかし図録よりは良く手頃な価格で

好きなときに眺められてとても満足しています。それにBGMが心地よく

思わず眠ってしまいました。

 

 

f:id:unibaba721:20181014182347j:plain

 

モディリアーニ無くして藤田は語れません。生き急いだ感のある彼は

後を追ったジャンヌと共に

エコールドパリの伝説となりましたが

彼があと10年生きていたら

どう変わって居たかと思うと

とても残念です。実はとても純粋で頑な?

自分の夢を守り続けた画家だと思います。

ゴッホしかり田中一村など絵のために

自分を究極に追い詰め清貧洗うがごとくの

画家に何故か強く惹かれてしまうのです。

凡人はやはり非凡に憧れてしまうのですよね。

 

 

 

f:id:unibaba721:20181014183644j:plain

 

 

 

 モディリアーニを読んでいましたら又もっと

彼の芸術を読み解いたものが見てみたくなりました。

幼いころから両親、特に母親が教養豊かな人で有ったため

イタリアからパリに来た時も流暢なフランス語を話し

優雅な物腰、育ちの良さからくる気品と文学的素養迄

兼ね備えていたという事でした。

その彼が自分の芸術を追及するために破滅の道を

たどったのだと思うと胸が苦しくなりました。

 

f:id:unibaba721:20181014190159j:plain

 

同じ時代に生きたモンパルナスの女王と呼ばれた

KiKi。スーチン、キスリング、藤田、モディリアーニ等のモデルを

勤めますがエコールドパリの画家たちは競ってKiKiを描きました。

ジャンコクトーや、この時代のパリにいた芸術家たちの花ともいえる

KiKiでした。彼女の人生もまたエコールドパリと共に

絶頂期を迎え、終わりもまた共にと言った人生であったように

思います。 この所毎日読書に没頭し、モンパルナスに思いを馳せて

昨日は夢にまで出てきてしまいました。まるでその昔

女子高生の時代にポールベルレーヌやバイロンワーズワース

夢中で読んだ頃が懐かしく思い出されて、

この年になっても絵画や書物にときめく?のも良いものだなあと

一人悦に入っておりました。

f:id:unibaba721:20181014200112j:plain

 

今朝の散歩で出会った白鷺です。ちょっとぶれてしまいましたが

何やら餌を見つけたらしく一心不乱にくちばしで掻い摘んでいました。

 

 


にほんブログ村