夏休みの水族館、博物館めぐりと楽しい水遊びにスイカ割。

f:id:unibaba721:20190816101339j:image

夏休みも中盤に差し掛かり

暑い中、孫達が楽しみにしていた

江の島水族館に行って来ました。

海は限りなく青く太陽はギラギラと

側の海水浴場には若者たちが闊歩する中

じじばばと孫達はそれを尻目に水族館へ。

 

f:id:unibaba721:20190816131117j:image

孫たちは江の水の様々な海の生き物を

矯めつ眇めつ見ておりました。

イルカショーも楽しみでしたが

深海Iには興味深々です。


f:id:unibaba721:20190816131101j:image

お気に入りの箱根の地球博物館🌏

にも行きました。
f:id:unibaba721:20190816131107j:image

 その日の特別展はアオバトでした。

ヤマバトとも言われている、鶯色とクリーム色それに暗赤色の

羽の色を持つとてもきれいな野鳥です。

広葉樹の森を好むそうですが是非一度見てみたいと思いました。


f:id:unibaba721:20190816131054j:image

沢山の種類の鉱石の展示です。

 


f:id:unibaba721:20190816131011j:image

 石の結晶がこんなに綺麗とは!

まるで人工的に作ったかのようです。

 


f:id:unibaba721:20190816131037j:image

バルト海琥珀は有名ですがこの琥珀の展示も凄いと思いました。

 

 


f:id:unibaba721:20190816131014j:image

何の化石だったか?


f:id:unibaba721:20190816131050j:image

 恐竜は外せません。毎回来て思うのですが大きさに圧倒されると共に

寝静まった夜の博物館を覗いてみたい(映画の影響?)

と思うのは私だけでしょうか?


f:id:unibaba721:20190816131029j:image

 博物館の帰りに爺さんが秀吉の小田原攻めの話を

しましたら孫が一夜城に行きたい!と言いますので

立ち寄りました。本丸跡迄上がっていくのは流石にきつい!

しかしこの暑さでも孫は引きません。仕方なく爺さんは

一緒に登って行きました。ばあばはベンチで休憩です。

暫くして楽しかったあ、海も見えて景色が良くて

爽快だったと言っていましたが、子供のエネルギーは凄い!


f:id:unibaba721:20190816131046j:image

 別の日、水の科学館に出かけてきました。

相模川周辺で見られる生き物たちを100種類以上

見る事が出来ます。中々楽しい小さいながらも

楽しく工夫した展示が見られます。

丁度、カピパラ親子の可愛い姿を見ることができました。

 


f:id:unibaba721:20190816131006j:image

 今年もミニアクアリウム作りに参加しました。

 


f:id:unibaba721:20190816131019j:image

 涼しげな金魚の水槽。


f:id:unibaba721:20190816131103j:image

相模川流域のお魚たちが川の上流域から下流域まで

生態事に展示されています。

 


f:id:unibaba721:20190816131022j:image

 ちょっぴりユーモアな動きをするモクズガニです。

 


f:id:unibaba721:20190816131026j:image

 水の科学館から帰った後にS女史から孫とジジババで

イカ割りとプールで水遊びでもどうですか?と

お誘いを受け伺いました。可愛いワンちゃんも参加。

とてもお利巧で可愛いワンちゃんでした。

 

f:id:unibaba721:20190816191904j:image

 A君ともお友達になって、その上動物が大好きな孫は

ワンちゃんも抱っこ出来て大喜びです。

うにが逝ってからというもの寂しいと言っていましたので

この日は孫にとって幸せな日となりました。

 

 

f:id:unibaba721:20190816131344j:image

 みんなでプールでは大はしゃぎ、水の入った大きなタンクを背負って

大型‽水鉄砲で掛けあったり、本当に楽しそうでした。

 

f:id:unibaba721:20190816131057j:plain

プールの後はみんなでスイカ割。

皆で割ったスイカを頬張り、アイスやお菓子も頂き大満足。

f:id:unibaba721:20190817202204j:plain

お家に大きなバナナの木があるTさんがバナナの葉をテーブルに

敷いてくださいました。こんなテーブルセッティングも

素敵ですねえ。南国風で夏らしくて。

 

f:id:unibaba721:20190816192016j:image

 昔懐かしい かき氷復刻版。

 

f:id:unibaba721:20190816191144j:image

私は抹茶シフオンケーキを作り持参しました。爺さんはワインを持参して

S女子のご主人や、いらしていたソムリエのY さんと楽しく

ワイン談議に花を咲かせていました。

最後にピアニストのKさんが弾いてくださった曲にウットリ。

素敵な方々とご一緒出来て、そしてとても心地よい夏のひと時でした。

S女史に感謝!!

 

 


f:id:unibaba721:20190816131032j:image

 そろそろパパママが迎えに来る日が近くなりました。

2人とも帰りたくなーいと言っていますがそうもいきません。

此方は限界?でございます。それじゃあ今日は

派手に水風船bombでもしようとじいじと3人で参戦。

やれやれ後片付けが大変です。

じいじとばあばの夏の保育はこれにて終了です。



にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

8月1日に思うワルシャワ蜂起75周年の事

 

f:id:unibaba721:20190805104258j:image

暑いなかアシュリーがまた少しずつ咲いて来ました。


先日ポーランドに住む娘とスカイプ中に

教会の鐘が5時に一斉に鳴り始めるのをSkypeを通じて聞くことができました。

75年前の8月1日にワルシャワ蜂起で亡くなった二十数万人の市民を悼んで鳴っている鐘です。

犠牲者が20数万人とはどれだけの惨事だったかと思うとその中に含まれる女性や子供や

若者など老若男女の軍人ではない普通の生活を送っていた一般の市民(勿論レジスタンスも軍人も含まれてはいますが)が或る日突然悪意をもって侵攻してきたドイツ軍に対して自由と、人間として生きるための尊厳のために立ち上がって戦ったわけですから想像を絶する状況だったと思います。

ドイツ軍によって町が占領されていた時にソ連からの“ファシストと戦おう”のビラに共産主義政権に懐疑的も、一か八かの選択を迫られ、蜂起を決行する事にします。

かと言って何の後ろ盾もなく戦うわけですから只々祖国を守るワルシャワを守るために市民が一致団結したのです。

結局ドイツ軍の物資を奪ってのゲリラ戦は最初はうまく行きますが

奪ったわずかな物資も底をつき、頼みのソ連軍からも見殺しにされ60数日間に渡る死闘は終わりを告げ、生き残りの人達は銃殺されたり強制収容所に送られます。

ソ連の統治下時代はクレムリンに刃向かうことになると蜂起があったという現実は

葬り去られ近年ようやくその事実が日の目を見てきたということです。

近代史の中でこれほどの数の市民が一丸となって蹂躙してくる敵に対して戦った例を

知りません。もし私が当事者ならばどう行動したかと考えると答えが出ません。

然し、言えることは戦ったワルシャワ市民の方々に対して深い尊敬と人間としての憧憬を禁じ得ないとともに心に深く刻まれ忘れる事が出来ないという事実です。

戦争と平和の希求にたいしてはそれぞれ喧喧諤諤其々に考えがあると思いますが、

歴史の中で実際に起こった悲惨な出来事は宗教やイデオロギーを超えて心に留め置き忘れない事が大事だと感じています。

 

f:id:unibaba721:20190805104744j:image

ブルーサルビアも暑さにめげず咲いています。

 


f:id:unibaba721:20190805105117j:image

秋海棠は草取りの時にうっかり間引いて?

しまったようで今年は元気がありません。

可哀想なことをしました。

来年は元気に増えてくれると期待しています。

 

f:id:unibaba721:20190805104927j:image

孫の夏休みの宿題の中に読書感想文があります。

折角じじばばのうちに来てゆっくりしているのにやれ宿題だの

何なのとお尻を叩くのは本望では有りませんが、取り敢えず

図書館に行き悩んだ挙句、孫の選んだ3冊に決めました。コルチャック先生は

有名な話で、図書館のこの夏の推薦図書でも有りました。

小学校低学年では少々難しいかなと思いましたが

どんなはなし?と興味があるようなので借りましたが

悲しすぎて辛すぎて読む途中もう嫌だと言いますので、もう少し

大きくなってまた読みたくなったら読んでみようねという事になりました。

奇しくもワルシャワ蜂起の日で、コルチャック先生と子供達が

強制収容所の露と消えた悲しい現実を思い起こさずにはいられませんでした。

いつか孫が少し大きくなってコルチャック先生の素晴らしいひととなりや

子供たちがどう生きて亡くなって行ったかを読んで理解してくれる事を

願っています。


f:id:unibaba721:20190805104939j:image

大好きなポーランドのおばちゃんと大好きなおじちゃんの国の

お話も見てみたいと興味津々です。


f:id:unibaba721:20190805104934j:image

結局感想文は盲導犬不合格物語に決定です。

この本は大人が読んでも盲導犬育成過程の色んなお話を

成る程と思い、今まで知らなかった事を知る事が出来ました。

良く空港で見る麻薬探知犬も実は盲導犬に不合格になった

ワンちゃんが盲導犬には不合格とはいえ素晴らしい性質を持って

いる為、麻薬探知犬として活躍しているワンちゃんがいるということ。

他にも聴導犬介助犬で活躍しているワンちゃんもいるというお話でした。

そして最後に、結論は不合格といっても決してダメ犬ではなく

良いところが沢山或るという事で

盲導犬に向いて居なかっただけで、みんな違って当たり前、

その犬らしく生きるという事が輝くという事で、それは人間にも言える事で

目指しているものになれなかったからと言って決してダメではない。

自分らしく精一杯生きる事が大事だという素敵なことが書いてありました。

孫も自分なりに感じた感想文が書けたようです。

 

f:id:unibaba721:20190805200427j:image

夏休みの宿題の後に出掛けた公園。流石に暑くて

数家族だけの貸し切り状態。

 

 

f:id:unibaba721:20190805105042j:image

暑いので早々と引き上げました。

 

 


f:id:unibaba721:20190805105037j:image

採りたて新鮮なお茄子と胡瓜を頂いたので

いつもの夏のおみ漬けです。

胡瓜、茄子、紫蘇の葉、オクラ、生姜人参、お醤油、みりん

出汁でさっぱりと頂きます。

 

訂正です。

教会の鐘に聞こえたような気がしたのですが

サイレン(警報音)だったようです。

娘より指摘がありました。とても意味のある

事なのに間違えてしまい恥じております。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

屋根裏ならぬ天井裏から見つかった36年前の爺さん手作りのドールハウスと夏休み突入

f:id:unibaba721:20190729155119j:image

例年に比べ梅雨明けが遅い7月の後半に,夏休みに突入した孫達がやってきました.

どうやら3週間の予定は はなから決まっていたようです。

やれやれですが1年のうちゆっくり会えるのは夏休みぐらいなので爺さんの

楽しみな行事の一つとなって居ますからしょうがありません。

最近孫たちが夏休みの期間にやってくるのは恒例となりました。

この所blogに訪問させて頂いているイギリス在住のかたも

毎年お子さんをギリシャのご両親のもとに親なし夏合宿に出しているそうで

スペインやポルトガルなど南ヨーロッパでは恒例のことだそうです。

そう言う意味では、我が家の例も超多忙な娘夫婦達が

夏休みの間は 少しは子供のことを考えずに

仕事に没頭できるのではないかと思って協力しています。

さて、要らないものは一切置きたくない下の娘と、物を大事にするせいで

断舎離が苦手な上の娘ですが、そんな上の娘が、確か昔爺さんが

娘達のために作ったドールハウスが有ったと思うからそれを出して

遊ばせて見てと言うものですから、さてどこにやったものかと

せまい我が家を大捜索。有りました!天井裏の小さな物置きに。

孫達といっしょに誇りをはらい、道具類もきれいに洗いました。

経年劣化で屋根は外れ全体が歪んでしまって居ましたが十分修理をして使えます。

女の子の孫は大喜び。ママとおばちゃんが遊んだ道具だと話すと

ビックリしたと嬉しそうです。

f:id:unibaba721:20190729155801j:image

娘達が集めて居た小さな椅子や食器類
f:id:unibaba721:20190729155807j:image

ああでもないこうでもないと小さなうちの

レイアウトに夢中です。


f:id:unibaba721:20190729155758j:image

お昼は簡単ビーフシチューを

僕が作るとお野菜とお肉を炒めています。

鼻歌でも歌いながら何だかうれしそうです。

 

f:id:unibaba721:20190729155747j:image

今日は公園でとっても楽しいことが有ったと喜んで帰ってきました。

お昼過ぎに爺さんと公園に出掛けて行って先ず大きな木の葉に止まって居た

大きなカブト虫を見つけました。その上ビジターセンターにいた

四年生くらいのとっても素敵な自然児?の男の子と

お友達になったとか。その子は毎日公園に来ているとかでリュックの中から

捕獲したクワガタを10匹くらい見せてくれたそうです。そして徐にもう一つの

入れ物から出したのはアオダイショウだったとか!凄い、

其のうえお家にはシマヘビ君も飼っていてこの間、脱皮したばかりとか!

私のようにキャ~気持ち悪いなんて言わないで

温かく見守る親御さんがいるのだなとほほえましくなりました。

今時珍しい元気な男の子らしい子だと爺さんが絶賛していました。

そして帰り際にその子が雄と雌のクワガタをプレザントしてくれたのだとか。

何と優しい太っ腹な?子なのと私も嬉しくなってきました。

毎日来ていると言いますから是非とも今度は会ってお礼を言いたいと

思って居ます。


f:id:unibaba721:20190729155741j:image

早速ホームセンターに行ってカブト虫の

蜜など環境整備に余念がありません。


f:id:unibaba721:20190729155744j:image

結構大きいのにびっくり!

 


f:id:unibaba721:20190729155750j:image


f:id:unibaba721:20190729155804j:image

今年も庭の蕗で伽羅蕗をつくりました。


f:id:unibaba721:20190729155753j:image

伽羅蕗とお揚げの炊いたもの

暑い夏で食欲のない時でも箸休めにご飯もすすみます。

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

昨日起こったポーランドの救急隊員の素晴らしい処置の事

f:id:unibaba721:20190720143334j:image

先日いつもの爺さんの友人が愛知の

山里から横浜の自宅に帰られる際立ち寄って

下さいました。お互いの近況報告や

昔話に花が咲きましたがこの年になると

この1日が大事と思えて来ます。


f:id:unibaba721:20190720143341j:image

久しぶりにパエリア鍋でパエリアをお出ししました。

気に入っているスペイン料理

お店で何と600円と値段がついていた

このパエリア鍋、何回使っていても変形する?

訳でも無くその丈夫さに変に関心しております。

 

 

f:id:unibaba721:20190720143323j:image

お土産に頂いたわたしの大好きな😍

クルミっ子。本当に美味しいです。

甘いものを全く食べない爺さんを尻目に

一人で頂いてしまいました。


f:id:unibaba721:20190720143331j:image

さて、昨日の夕方ポーランドに住む娘から

スカイプを今立ち上げて!と何やら急いで

いるようで、胸騒ぎを押さえつつスカイプ

つけましたら、彼が朝から吐いて強い痛みがあるのと言います。

じゃ血圧と脈を測ってと言いました。眩暈、痺れ、頭痛、視力の状態

痛みの部位は?と聞くと左下腹部痛あり、

排便は2日無いと言いますし、急性腸炎か?

然し顔面蒼白、冷感、脈低下と言う事で

直ぐに救急車を読んでと助言しました。

お婿さんは大丈夫と言ったそうですが娘が

救急車を呼ぼうとした矢先痛みに耐えかねた?

お婿さんが救急車要請したのです。ものの5分もしない内に

救急車到着(運が良いことに直ぐ近くに救急センターがあるのです)    

 そして状況も知りたいし心配なのでスカイプ

そのままつけておいてもらいましたが

此方側には言葉は良くきこえないなりに状況を知る事が出来ました。

心電図を含むバイタルチェックの素早いこと。判断力の良さに関心しました。

USGを取らないとはっきりした事はわからないけど

今の時点では尿管結石?ではと。

強い痛みが反復してあり痛みで筋緊張と脈も低下しているとの事。

確かに急な腹痛、腰痛、冷感、顔面蒼白などお婿さんの症状にピッタリなのです。

教科書通りの症状に気が付かないで

他の事を疑った焼きの回った元看護師は

なあんの役にも立ちませんでした。まあしかし

その場に居ないわけで、医者でもない上何もできるわけでもないのですが

判断力低下は否めません。年は取りたくないと意気消沈!

隊員の方が輸液の点滴と痛み止を説明とともに

され、近いうちに速やかにドクターにかかること、

今日の処置の記録はドクターに持って行くこと、

その上結石の場合には石の排出を促す為水分を多量に取ることなど

丁寧に説明があったと言う事でした。英語も流暢で凄く助かったし、

対応が素晴らしかったと娘は感激していました。

娘が日本からクラクフに来ていると言うとそれは凄いと喜んでくれて

片やベッドで唸っているお婿さんを尻目にクラクフ

秋田ラーメンは味が落ちた話だのおばあちゃんの

クレムフカは最高だった等の楽しい話で

処置中で盛り上がり、仕事とは言えさっさと判断、

適切な処置をして引き上げて帰った彼等に拍手です。

別れ際に娘が大変なお仕事なのに手を煩わせて申し訳ないと言うと

「全然そんな事無いよ良い患者だったよ、酩酊した◯ギ〇スからの観光客や

ら大変なケースが多いからね」との事。

彼等は多分救命救急士の他に専門看護師的な

資格があって処置の範囲が定められているのだと思います。

(詳しいことは知りませんので勝手な憶測ですが)

日本の救急救急士も気道確保のための挿管が出来るようになりましたし、

昔と違って専門的な処置が出来るようになりましたが、

現役から離れて長い元看護師にとっては大変勉強になる出来事でした。

もう娘もクラクフで暮らし始めて随分になりますが

移住してから直ぐに国境警察成るものが来るという話をネット等で

見ていて、それを凄く面白がって楽しみにしていた娘は

結局一度としてこなかったと残念そうでした 笑

クラクフの行政サービスは運が良かったのか何時もそうなのか

初めてのビザの発行も面接なしだったり、以前のIDカード申請時も

「混んでいて待ち時間が掛かってしまってごめんなさいね貴方は

まだ3年あるけど2年目に永住権の申請が出来るからすぐにきて

申請してね」と言われたと言っていました。行政サービス云々と

言われていますが娘が出会った方々はどの方も親切で助けて下さったとか。

異国で暮らすと不便なことも多いでしょうが

こんなクラクフの優しい方たちに助けて頂いて娘の生活が

成り立っていることに日々感謝しています。

 

 


f:id:unibaba721:20190720143327j:image

 久しぶりにいつものお寿司屋さんに

行きました。店内も雰囲気も昭和の香りたっぷり。


f:id:unibaba721:20190720143338j:image

 おかみさん手作りの可愛い羊の焼き物に

心が和みます。お寿司も昔の心がこもった江戸前です。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

便利な電気圧力鍋とポーランドのジュラビーナジャムとクッキー

f:id:unibaba721:20190713151043j:image

先日娘からANAマイレージの期限が来たけれど私は

取り立てているものも無いし、

お母さん何か欲しいものない?と聞くので

はてと、ごちゃごちゃしたキッチンを見遣り

いつか断捨離を決行しなくちゃいけないと

思っていた矢先の事でしたが、娘が持っているポイントにピッタリだし、

お料理好きなお母さんにあってるわよ、何て上手いこと言うものですから

断捨離の三文字はとうに消えてしまい

シロカの電気圧力鍋を頼んで貰う事になりました。

まあ、直火の圧力鍋は便利に使っていますので

電気の圧力鍋はイマイチなのではとあまり期待もしていませんでした。

然し使って見ると中々良いではありませんか。

此の所カレー、シチュー、豚の三枚肉の柔らか煮、ひよこ豆の野菜煮など

楽しんで作っています。考えてみるとシロカと言うメーカーは

ちょっと面白い家電を作っているようです。

家電の業界もパナソニック東芝やシャープと言った大きな会社からアイリスオーヤマツインバード山善などのようなジェネリック家電とも言われている

中小のメーカーに面白いものがあるようです。二番煎じがあるのも否めませんが

安くて良いものは主婦としては願ったりかなったりです。

そして日本の活力向上のためにも是非是非頑張って頂きたいと

応援したくなりました。

 

f:id:unibaba721:20190713163646j:image

 ひよこ豆と野菜のシチュー。材料を入れメニューボタンを

押して待つのみ。

 


f:id:unibaba721:20190713163649j:image

 少々くたっとしておりますが鶏むね肉も柔らかく

お野菜の旨味も凝縮された感じで中々のお味です。

温め直しも1分でできますし、結構気に入っております。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190713163758j:image

 久しぶりに爺さんといつものお蕎麦屋さんへ行きました。

今日は親子丼が無性に食べたくなり量の多さも考えず

注文してしまいました。美味しかった~

 


f:id:unibaba721:20190713163801j:image

 何時も素敵にお花が活けてあります。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190713163921j:image

ポーランド滞在時にクラクフ郊外の緑豊かなところに

住んでいらっしゃる方のお庭で取れたジュラビーナをジャムにしたものを

頂いたのだと出してくれた手作りの美味しいジャムです。

このジュラビーナジャムが美味しくて好きになってしまいました。

 

f:id:unibaba721:20190713191633j:image

 娘たちが住む直ぐ側に出来た素敵なデリカテッセンで見つけた

ジュラビーナのジャムです。帰国して早速パンに付けて食べて見ましたら

程よい甘さと酸味で良いお味です。リピートする予定です。

 

 

 ※訂正いたします。

ジュラビーナと思っておりましたらmalinowaラズベリージャムでした。

何処で間違ったやらジュラビーナと思いこんでおりました。

これだから呆け老人は困ります。

間違いをお許しください。でもこのジャム美味しいです。

それは本当でございます。

 

 


f:id:unibaba721:20190713163910j:image

 そしてその素敵なデリカテッセンでまたまた見つけた

ジュラビーナが入った小麦胚芽の?クッキーです。これがまた

大当たり!次回訪ポの時に必ずや5,6袋買うつもりです。

 

 

 


f:id:unibaba721:20190713163918j:image

 これは日本でも良く見かけるWalkersのショートブレッドです。

何とお茶の時に摘まみながら成分チェックをしようと裏を見ましたら?

 

 


f:id:unibaba721:20190713163913j:image

 輸入者が三菱食品となって居るではありませんか、どうゆうこと!

ここポーランドで日本から輸入されたmade in Englandを発見するとは?

ここはEU圏内でしょ?良く解りません。面白いですねえ。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190713164408j:image

多肉植物のハオルシアに花が咲いているのに気が付きました。

グレーの地味なお花ですが小さなランのような花弁です。

 


f:id:unibaba721:20190713164404j:image

 もうかれこれ頂いた苗木を植えてから10年は過ぎた柿の木ですが

これまで小さな実を数個付けては夏までには落果していたのですが

今年はどういう訳か十数個付いたものが少しずつ大きくなってきました。

楽しみですが、此れから台風などに耐えられるか少々心配しています。

 

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

紫奏子/紫白菜で作ってみたシューマイとクラクフのハンバーガー屋さん

f:id:unibaba721:20190707184622j:image

爺さんが歯医者の帰りに立ち寄った八百屋さんで

紫色の白菜を見つけて買ってきました。

早速調べて見ますと紫奏子と名付けられた

白菜だそうです。

 

 

f:id:unibaba721:20190707185642j:imageサラダやピクルスが美味しいようで

早速アボカドオイルとお酢、塩コショウで

簡単サラダを作りました。

葉が柔らかく

シャキッとして美味しく頂きました。

f:id:unibaba721:20190707185726j:plain


  

 

次に何かこの白菜を使って美味しいものは出来ないかと

考えてCOOKPADのレシピを見せて頂いてシュウマイを作る事にしました。

豚ひき肉に長葱と玉ねぎをみじん切りにして

生姜、に片栗粉、ゴマ油、醤油、塩を入れ良く混ぜた

種をレンジでチンして少々柔らかくした白菜を

上半分の葉先を使ってシュウマイの皮のように

包んで蒸して出来上がりです。

下の白い部分はサラダ用にします。

白菜の旨味とシュウマイの種がマッチしてとても美味しいです。

 

 

 

 


f:id:unibaba721:20190707185730j:image

トッピングのコーンが 紫白菜の色を引き立てます。

COOKPADはメニューに困ると良く利用させて頂いていますが

便利な世のなかになったものですね。感謝感激です。

 

 

 

 

f:id:unibaba721:20190707191612j:image

先日年甲斐もなくハンバーガーの夢を見まして

そう言えばクラクフで食べたハンバーガーが

美味しかったなあと無性にハンバーガーが食べたくなった

どうしようもない婆さんです。

確かモーモーだか ムームーだかというお店なのですが

ハンバーグが大きく味も中々でした。

観光客で混んでいました。

美味しくて人気のあるお店のようです。

 


f:id:unibaba721:20190707191129j:image

お店の外観

 


f:id:unibaba721:20190707191125j:image

 お肉がとてもジューシーで美味でした。

 

 

f:id:unibaba721:20190707191804j:image

 一昨日はいつまでも台所の隅にあるリンゴの事が

気になって居ました。危険水域?に達する前に何とかしなくてはと

アップルケーキを作りました。

どういう訳かいつもりんごが残ってしまいます。

皮をむく手間が…いけませんねえ、ナマケモノは。

無理やり大きなリンゴを詰め込んで作りましたら

リンゴだらけのアンバランスなケーキになってしまいました

 

 

 

f:id:unibaba721:20190707191916j:image

公園の池にカモが一羽じっと佇んでいました。たった一羽で。

多分、池のどこかに少なからず残った仲間もいたのでしょうが

何だか哀愁を帯びていて大丈夫?と声を掛けたくなりました。

 

 

 


f:id:unibaba721:20190707191921j:image

じっとして動きませんが他の仲間たちはとっくに

シベリアの方に帰って行ったに違いないのに

このカモ、私のようなナマケモノ

これから梅雨が明けて

暑くなるのにちょっと心配です。

 

 


f:id:unibaba721:20190707191932j:image

ノカンゾウがひっそり咲いていました。

 

 

 


f:id:unibaba721:20190707191925j:image

雨がまた今にも降りだしそうなお天気です。

カエルの鳴き声や鶯の鳴き声が聞こえてきます。

 

 


f:id:unibaba721:20190707191928j:image

 食料品の買い出しの帰り道に見た虹ですが

珍しいことに2本、虹のアーチ型がくっきり見えていました。

携帯ではあまりうまくきれいに撮れなかったのが残念です。

2本揃った虹を見たのは記憶にありません。

雨上がりの空に見た虹に

何だか童心に返ったようにウキウキしてしまいました。

 

 

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村

梅の蜂蜜漬けと簡単ラッキョウ漬けetc~

f:id:unibaba721:20190702142808j:image

ポーランド滞在中に爺さんからメールで

今年の梅が送って来たよとありました。

毎年愛知の山里から労をして収穫した梅を

送って下さる爺さんの友人に感謝です。

帰国して直ぐにアク抜きしたものを

蜂蜜と言えば🍯友人に頂いて以来

これしか考えられない位に気に入っている

山形月山の蜂蜜で漬けました。

f:id:unibaba721:20190702144730j:image

3週間が経った昨日瓶から出して

頂いてみましたら、何と良く作っていた

煮梅より美味しいではありませんか。梅と蜂蜜の馥郁とした味が

何ともまったり?と美味しくにやにやとほくそ笑んでしまいました。

夏の暑い日に氷で割って飲むと梅と蜂蜜の

成分が体に至極良さそうで大満足です。

蜂蜜は栄養成分がたっぷりふくまれていますし

酵素やビタミンやミネラル,アミノ酸

ポリフェノールまでたっぷりです。

そして梅は梅で酸性に偏りがあるとアルカリ性

中和してくれると聞きました。

何しろ有難い食べ物であることには間違いありません。

補足ですが愛知の爺さんの友人が仰るには今年の梅は出来が良く

例年収穫時にカメムシが沢山ついて匂いにも困るし

出来も今一だったりらしいのですが今年はカメムシが少ないのだそうです。

それに枇杷の出来も良いとか。そういえばご近所の枇杷の木にたわわになった

枇杷を見ましたし。何よりこの時期いつもなら見るカメムシがいないというか?

気候の変動も植物や昆虫の生態にも影響があるのでしょうか?

 

f:id:unibaba721:20190702150622j:image
蜂蜜梅を漬けたららっきょうも漬けない

訳にはいきません。1キロ程度を洗って

綺麗に処理し、いつものように簡単酢に

漬けました。簡単なのに美味しい!

既におすそ分けし、残りをついつい摘んで

食べてしまい残り僅かになりました。

微塵切りにしてマヨネーズで和えて

生野菜にかけても美味しいですね。

f:id:unibaba721:20190702151033j:image

 お酒を飲まれる方にはラッキョウはおつまみとして最高ですね。

 

 

f:id:unibaba721:20190702151620j:image

我家の白いアジサイも咲終わりになります。そうなると梅雨が終わり

一年中で一番苦手な季節夏がやってきます。 


f:id:unibaba721:20190702151623j:image

 


f:id:unibaba721:20190702151626j:image

 小ぶりな紫のアジサイです。

 

 

f:id:unibaba721:20190702152631j:image

散歩の途中で見つけた公園のアガパンサスが見事に咲いていました。

 

 

f:id:unibaba721:20190702152634j:image

色合いが優しいユリが咲いていました。

いつも通る道の公園にこんなに素敵な百合が咲いていたとは

気が付きませんでした。

 

 

 

f:id:unibaba721:20190702152655j:image

此方は黄色いユリ、存在感があります。

 


f:id:unibaba721:20190702152659j:image

永遠の白百合!

 


f:id:unibaba721:20190702152652j:image


f:id:unibaba721:20190702152726j:image

 我が家のギボウシの花が咲きました。

どんどん株が大きくなってお花も7,80㎝丈になってきました。

余りの大きさで手に持て余し、何とも乱雑な活け方になってしまいました。


f:id:unibaba721:20190702152730j:image

 森の緑も夏を迎えようとしています。

にほんブログ村 旅行ブログ 東欧・中欧旅行へ
にほんブログ村